デビットカード

デビットカードとは
デビットカード(Debit card)はクレジットカードとは違い購入代金を預金口座から直接決済する機能の付いたカードです。クレジットカードと似ているようですがクレジットカードは一ヶ月に一回の返済日までお金を借りる事になりますが、デビットカードは自分の預金口座から直接支払う事になり金利がかかりません。支払いの時の利用方法はクレジットカードと変わりません。発行元によりますが世界中のVISA加盟店やマスター加盟店でキャッシュレスで使う事ができます。
キャッシュカードとの違い
金融機関が口座開設者に発行するカードで、ATMを操作する際に使うものです。国内で発行されるキャッシュカードのほとんどにはジェイデビット(J-Debit)システムによるデビットカード機能を持っている。磁気カードと、安全性を高めたICカードがある。
クレジットカードとの違い
クレジットカードは商品を購入した時にクレジット会社払ってもらい支払日に一括で月々の購入代金をクレジット会社に返します。しばらく購入代金を立て替えてもらうわけです。デビットカードは商品を購入すると自分の口座から引き落とされます。なのでクレジットカードと違い自分の口座に入っている預金の範囲以上には使う事ができません。
クレジットカード会社はカード利用者に対して与信を与えて、その与信枠の範囲で借金で買い物をさせてくれるサービスです。そのため、決められた額の範囲内なら保有する現金以上の取引ができます。お金をしばらく貸してもらうわけですからデビットカードと違いクレジットカードを作る時の条件は厳しくなってくるわけです。

△ページトップへ戻る

Copyright(c)国際キャッシュカードの選び方 All rights reserved.  サイトについて