デビットカードのデメリット

デビットカードのデメリットとは
デビットカードのデメリットは利用限度額が口座残高内であることでしょう。
それがデビットカードのメリットでもありますし、多く使いたかったら口座に多めに入れておきましょう。
ポイントを貯めたり、分割、リボ払いがしたくてもクレジットカードではないとできません。
またデポジット(信用補償)としても使えないのでホテルの前金代わりに使ったりレンタカーを借りる際の保証金代わりにはなりません。クレジットカードはクレジット会社の審査を通った支払い能力のある人という証明にもなりますがデビットカードはそれはありません。

△ページトップへ戻る

Copyright(c)国際キャッシュカードの選び方 All rights reserved.  サイトについて